目元をパッチリ二重にしたい人のための美容外科 「プリモ麻布十番クリニック」 の口コミと評判

美容外科

WS000223

 

 

あなたは目元で悩んでいませんか?

 

  • 他院の手術を修正したい
  • ぱっちり二重にしたい
  • 目を大きくしたい

 

 

こんな悩みを持つ人にぴったりな美容外科が「プリモ麻布十番クリニック」なんです。

↓プリモ麻布十番クリニックの口コミと評判、効果はコチラ

目元のお悩みご相談下さい。プリモ麻布十番クリニック

 

プリモ麻布十番クリニック とは

プリモ麻布十番クリニック

プリモ麻布十番クリニックの医師は日本形成外科学会専門医のみとなっており、形成外科を基礎としたしっかりとした美容外科を実践しています。

 

 

プリモ麻布十番クリニックのホームページでは、経過を知っていただくべく多数の症例写真、経過写真を修正など一切なく掲載しています。

しっかりとした結果を出す施術を行っておりますので、術後のクレームや修正のための再手術率は極低率で、多くの方が施術結果に満足しているようです。

 

 

 

患者の皆さまは、手術の痛みや怖さに心配されますが、プリモ麻布十番クリニックの麻酔は全身麻酔、静脈麻酔に完全対応しており、ほとんどの手術を完全に麻酔をかけて無痛で行っております。

 

 

芸能関係や、モデルさんもお忍びでご来院しているようです。

待合室、施術室なども個室を多く準備し、患者様へのプライバシーの配慮は万全で、トイレに行く際も、他の方と合わないように配慮しエスコートしてくれます。

 

 

プリモ麻布十番クリニックの多い手術、施術としては、二重、目頭切開、目尻切開、たれ目形成術、眼瞼下垂手術などの目元の手術、鼻中隔延長術、鼻尖形成術、鼻尖縮小術、鼻翼縮小術、隆鼻術などの鼻の手術、豊胸術です。

 

 

特に目の手術で副院長の高野敏郎医師を一押しにお勧めしたいです。

高野先生は日本形成外科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本レーザー医学会専門医など多数の専門医を持つ実績抜群の先生です。

 

カウンセリングは人当たりよく優しく、診察も的確で、正確な状態診断から、その方の希望に最適の提案ができます。

施術も大変手先が器用で非常に細かなテクニックを駆使し、最良の結果に導きます。

丁寧な施術は見ていてとても綺麗で安心感があります。

 

 

 

 

また、特徴として、東京に1院でやっておりますが、患者様は全国からいらっしゃるようです。

関東一円の患者様の比率が最も多い様です。

現在開院以来9年目となり、モデルや芸能関係の方がブログで紹介しているため、比較的華やかな業界関係の方には認知度は高いです。

10代後半から30代となっております。女性がかなり多い様ですが、男性の患者様も多くいらっしゃいます。

 

 

二重を広げたい場合

プリモ麻布十番クリニック

 

埋没法で可能な場合は今のラインよりも高い位置を選び、二重を作成します。埋没法で難しい場合は全切開法に準じあまった皮膚を切除しラインを作成します。 まぶたに傷を残したくない方で、皮膚のたるみが多い場合には眉毛下切開が適応になります。

 

全切開に準じたデザインで行う場合、希望のラインに沿って切開します。この際ご状態、ご希望に応じてCO2レーザーを使用して皮膚切開を行うことで出血を押さえる事ができます。

 

たるみが多い場合には余分な皮膚を適量切除します。 続いて眼輪筋、瞼板前組織、隔膜前脂肪などを必要に応じ切除します。眼窩脂肪も余剰が認められる場合に必要量を切除します。全切開に準じた二重修正術では症例に応じてROOF切除術を併用する場合があります。

 

二重修正術の切開範囲を全域にわたって、細かく皮膚と深部の組織を6-0 PDSという吸収性糸で丁寧に形成外科的縫合をすることで、傷を最小限とすることができます。

 

二重を狭くしたい場合

プリモ麻布十番クリニック

 

埋没法で二重を作成している場合には、埋没糸を抜糸することで二重が消失し、二重が狭くなることが期待されます。二重が全切開法あるいは小切開法で作成されている場合、ラインの下の皮膚を切除する方法、全切開法に準じたデザインの二重修正術で皮膚を深部組織に癒着させている部分を離し、その間に眼窩脂肪を介在させる方法などがあります。

 

全切開に準じたデザインで行う場合、希望のラインに沿って切開します。この際ご状態、ご希望に応じてCO2レーザーを使用して皮膚切開を行うことで出血を押さえる事ができます。たるみが多い場合には余分な皮膚を適量切除します。

 

続いて眼輪筋、瞼板前組織、隔膜前脂肪などを必要に応じ切除します。以前の切開法による重瞼術の二重ラインの癒着を丁寧に剥がします。

 

眼窩隔膜を開窓し眼窩脂肪見つけます。十分な眼窩脂肪がある場合、この眼窩脂肪を利用し二重を狭く形成します。眼窩脂肪がない場合、ROOFを用いて修正を行います。場合によっては下眼瞼の眼窩脂肪の脂肪移植を行うことがあります。

 

続いて二重修正術の切開範囲を全域にわたって、細かく皮膚と深部の組織を6-0 PDSという吸収性糸で丁寧に形成外科的縫合をすることで、傷を最小限とすることができます。
眼瞼下垂手術をおこない目の開きを良くすることで二重の幅を狭くする方法もあります。
この場合、眼瞼挙筋腱膜を短縮し瞼板へ再固定しながら、目の開きの調節を術中座位となって患者様に確認を取りながら微調整をおこないます。開きの度合い、左右差の調整を丁寧に行います。

 

その後は通常静脈麻酔を開始し痛み、意識を取ったうえで、切開範囲を全域にわたって細かく皮膚と深部の組織を6-0 PDSという吸収性糸で丁寧に形成外科的縫合します。経結膜眼瞼下垂手術を用いた場合には皮膚切開は一切行わず、結膜側から挙筋腱膜の固定を行い開瞼を調節いたします。

 

 

 

 

↓プリモ麻布十番クリニックの口コミと評判、効果はコチラ

 

プリモ麻布十番クリニック

コメント

タイトルとURLをコピーしました